わたしは疲れているのかもしれない

あの人の足あとを思えば

疲れたなどとはもったいない言い分だけど

世にひきずられて歩んでいる私もわるい

全いものをあえぎ求めるわたしの瞳には

どんなものでも不完全に見えてしまう

なんてちいさいこころだろう

まことの天上のものでないのなら

その足元に跪くことができない

どこかにほんとうにうつくしい瞳がないか

もしそれを見いだしたなら

わたしは本をみんな捨てて

霊感をその瞳から貪りたいよ